気の滞りとPMS(月経前症候群) - 武蔵小金井で腰痛・ぎっくり腰・四十肩 解消の鍼灸整体

永田治療院

お知らせ, 健康コラム

気の滞りとPMS(月経前症候群)

東洋医学ではエネルギーが過剰にあったり、逆に不足していたり

滞っていると病気になると考えます。

気が滞っている状態を

「気滞(きたい)」といいます。

顔色が暗く、ツヤがない。

イライラしやすく、眠りが浅い。

PMS(月経前症候群)などが症状としてあげられます。

気はもともと頭の方へ上がりやすく、足先へ下がりにくい性質があります。

そのため頭に気が停滞するとイライラの原因となるのです。

この体質の方は柑橘類や酢のもの、セロリ、ニンニクなどを摂るといいでしょう。

ツボとしては「太衝(たいしょう)」がおすすめです。

Img_2506_2

足の甲にある肝経という経絡のツボで

第1指と第2指の骨が交わるくぼみにあります。

頭の方へ上がった気が下げる効果があるので

イライラには効果的です。

PMSなど婦人科系のトラブルには太衝に加え、

三陰交にお灸をするといいですね。

お問い合わせご予約はこちら

TEL 042-304-1300 

永田治療院 

はり・きゅう・整体・リンパドレナージュ

この記事を共有する

腰痛・肩こりを解消したい方へ

武蔵小金井,武蔵小金井駅での整体

平日夜21時まで受付 治療歴15年の実績 武蔵小金井駅より徒歩1分 お子様連れOK 完全個室

慢性的な腰痛・四十肩・五十肩を解消したい方へ

辛いぎっくり腰などすぐ解消したい方へ