咳が出て横になれない

咳が出て横になれないという患者さんが来院されました。

ここ数週間でアレルギー性の喘息が悪化してしまう。

季節の変わり目で寒暖差もあったことも要因と考えられる。

来院してすぐは喋ると咳が出てしまうので、

普通に話せない状態で症状の重さがうかがえました。

また、横になると咳がでるので

フラットな状態で寝る事ができないため疲労もとれにくく

悪循環となっていました。

病院で検査をしましたが、

はっきりした原因は不明のため

症状を抑える薬をもらい服用していましたが

改善する気配がなく来院されました。

咳をする事はかなり疲労をともなう動きです。

高齢者で咳をしすぎて肋骨にヒビが入ることもあるくらい、

体にはダメージがあります。

胸部や腹部の筋肉にも緊張がでてくるため、

体を真っすぐにすることが出来なくなってきます。

そうすると気道も真っすぐにならなくなってしまう為

咳も出やすくなるという負のスパイラルに落ち込んでしまいます。

やわら療術の創始者である鳥居隆篤先生は

「真に健康体になるためには

天と地を真っすぐにつなぐ

天地のパイプ体にしなければならない」

と常々おっしゃっていました。

初回の施術で声が出やすくなり、

2回目の施術後にはだいぶ改善されて帰られました。

自然と一体になれる天地のパイプ体になれれば

あとは自然治癒力で病は改善していきます。

咳について詳しくはこちら