腰痛

腰痛の原因

日本人の4人に1人が患っていると言われている「腰痛」。

よくある腰痛という病気ですが原因は様々です。

腰椎の圧迫骨折や内臓疾患が原因である場合も

全体の数%ですが考えられるので注意が必要です。

腎臓で出来た小さな石が尿管に詰まることによって激痛が走る「尿管結石」。

腎臓が細菌感染してしまう事により重く痛む「腎う腎炎」。

膵臓に炎症が起きる事で生じる「急性膵炎」などがあります。

腰痛患者の10%程度に存在するのが、

「脊柱管狭窄症」や「椎間板ヘルニア」からくる腰の神経圧迫による痛みです。

「脊柱管狭窄症」では歩いていると脚のしびれや痛みが強くなるのが特徴です。

「椎間板ヘルニア」は腰の骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板が押されて

中から髄核が飛び出すことで背骨から出ている神経を圧迫し痛みを引き起こします。

以上の原因は医療機関で検査をすることで原因を特定する事が出来ますので

腰が痛い場合は一度、検査をすることをおススメします。

しかし、腰痛患者の80~90%は検査をしても

原因がはっきりしないことのです。

たとえば立っていて体を後ろに反った(後屈)時に

痛みがある場合は腰の「椎間関節」が

ぶつかる事によって痛みを引き起こしていると考えられますし、

体を前に倒した(前屈)時に痛みがある場合

「筋肉」「筋膜」が伸ばされることによって痛みを引き起こしていると考えられますし

長時間デスクワークをしていると痛みが出てくる場合

「仙腸関節」に負荷が掛って痛みを引き起こしていると考えられます。

もう一つは

ストレスが痛みを引き起こしている場合があります。

原因がはっきしせず3ヵ月以上腰の痛みが続くようですと

精神的なストレスが原因であるかもしれません。

上手なストレス解消法を探したいものです。