朝、顔を洗おうとしたらギックリ腰になった

朝、眠い目をこすりながら起きて、

洗面所で顔を洗おうと前屈みになった瞬間、

「ズキーン!と腰に痛みが走った!」

という経験のある方も多いでしょう。

私も過去にひどいギックリ腰を2回ほど経験しています。

どちらもあぶら汗が出るくらいの痛みでした。

ギックリ腰は難しく言うと「腰椎捻挫」「腰部の筋肉の炎症」であり

腰の筋肉が炎症を起こしている状態です。

体が悲鳴をあげている状態ですから「安静にする」のが基本になります。

炎症を抑えるため、消炎効果のある湿布をするのも良いでしょう。

炎症のある筋肉は腰部の深層部にあります。

また、炎症部に直接アプローチ出来る「鍼」はとても効果的です。

ギックリ腰など炎症のある時は、患部を揉んだりすると

痛みが緩和されるような感じがしますが、

逆に炎症が悪化してしまう場合もあるので注意が必要です。

東洋医学的には炎症が起きている部分は熱を持っていて

「実(じつ)」の状態にあると考えます。

「実(じつ)」とは風船に例えると、

空気が入り過ぎていてパンパンになっているようなイメージです。

空気がどんどん入ってしまい破裂した状態が「ギックリ腰」です。

また、空気が抜けて風船がしぼんでいる状態は「虚(きょ)」といいます。

こんな状態の時は「お灸」をしてあげることで

空気が中に入って元の風船の状態になります。

体が冷えて腰が鈍く痛いときが「虚(きょ)」の状態になります。

鍼とお灸を上手につかって年末年始を乗り切りましょう!