繰り返すギックリ腰

  • 年に何回もギックリ腰になる
  • 朝、洗顔しようとして腰に痛みが走った
  • 腰が痛くて靴下を履くことができない
  • 腰、臀部、太ももの横や裏側に痛みや重だるさがある
  • 姿勢をよくしようと腰を伸ばそうとすると痛い

そのつらい症状、

永田治療院が改善に導きます!

背骨・骨盤の歪からくる

身体軸のズレです

■ ホームページ限定特典

\今だけ!/ 通常初回価格 9,000円
4,500

ご予約の際に『ホームページを見た』とお伝えください。

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込で表記しております

腰痛の原因とは

日本人の4人に1人が患っていると言われている「腰痛」。

よくある腰痛という病気ですが原因は様々です。

腰椎の圧迫骨折や内臓疾患が原因である場合も

全体の数%ですが考えられるので注意が必要です。

腎臓で出来た小さな石が尿管に詰まることによって激痛が走る「尿管結石」。

腎臓が細菌感染してしまう事により重く痛む「腎う腎炎」。

膵臓に炎症が起きる事で生じる「急性膵炎」などがあります。

腰痛患者の原因の10%は

腰痛患者の10%程度に存在するのが、

「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」からくる腰の神経圧迫による痛みです。

「脊柱管狭窄症」では歩いていると脚のしびれや痛みが強くなるのが特徴です。

椎間板ヘルニア」は腰の骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板が押されて

中から髄核が飛び出すことで背骨から出ている神経を圧迫し痛みを引き起こします。

以上の原因は医療機関で検査をすることで原因を特定する事が出来ますので

腰痛がひどく長引く場合、一度医療機関で検査をすることをおススメします。

腰痛患者の80~90%は原因がはっきりしない

しかし、腰痛患者の80~90%は検査をしても

原因がはっきりしないことのです。

 たとえば立っていて体を後ろに反った(後屈)時

痛みがある場合は腰の「椎間関節」が

ぶつかる事によって痛みを引き起こしていると考えられます。

 体を前に倒した(前屈)時に痛みがある場合は

「筋肉」「筋膜」が伸ばされることによって痛みを引き起こしていると考えられます。

 長時間デスクワークをしていると痛みが出てくる場合は

「仙腸関節」に負荷が掛って痛みを引き起こしていると考えられます。

 ストレスが痛みを引き起こしている場合があります。

原因がはっきしせず3ヵ月以上腰の痛みが続くようですと

精神的なストレスが原因であるかもしれません。

なぜギックリ腰を繰り返してしまうのか?

ギックリ腰になるたびに

安静にしていたり

湿布を貼ったり

整体・マッサージで腰を揉んでもらったり

した経験のある方も多いはずです。

その時は治ったのに

なぜ何度もギックリ腰になってしまうのでしょうか?

それはギックリ腰になるたびに

ギックリ腰の症状が治まっただけで「治った!」と

思ってしまうからです。

それは症状(腰の痛み)が無くなっただけであり

治ったわけではありません。

それを対症療法といいます。

腰に負担が掛かる骨格体型になったまま

同じ日常生活を繰り返していれば、

またギックリ腰になるのは当然の結果です。

一般的な腰痛アプローチ

一般的なマッサージや整体、病院では腰が痛い場合

腰にだけアプローチしてしまいます。

腰のレントゲンを撮ったり、

湿布を貼ったり、

患部にだけ集中していまいます。

永田治療院のギックリ腰アプローチ

当院ではギックリ腰などの急性症状の場合

患者様の状態最大限に考慮してアプローチしていきます。

ギックリ腰といっても程度もありますし

どのような動きで痛みが出るのかは

お一人お一人違いがあります。

なるべく負担の少ない施術を目指します。

 

永田治療院ではまず腕や脚など末端部から調整を始め、

それから骨盤と背骨の調整をしていきます。

なるべく「痛みのある患部」から離れたところから

アプローチしていきます。

なぜなら痛みのある患部に触れることで

痛みが強くなる危険があるからです。

患部から離れたところからアプローチし、

骨格の歪み骨盤の歪みを整え

身体軸の修正ができる

それだけで歪みが原因で引き起こされる痛み軽減します。

その後、鍼で患部に直接アプローチをしていきます。

そうする事で根本からギックリ腰を解消していくことができます。