変形性膝関節痛

  • 膝が痛くて長時間歩くことがつらい
  • 膝の屈伸がつらいく、正座ができない
  • 膝に水が溜まるので注射で抜くが、また水が溜まってしまう
  • 老化や体重のせいだと諦めている

そのつらい症状、

永田治療院が改善に導きます!

 

背骨・骨盤の歪みからくる

身体軸のズレです

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、加齢や筋力低下によって

膝関節の内側に負担が掛かり

骨が変形し骨と骨がぶつかって痛みが出る症状です。

膝が変形するのには段階がある

変形性膝関節症の第一段階では

加齢や筋肉量の低下により

関節のクッションである軟骨がすり減って

膝関節の骨と骨の間隔が狭くなります。

第二段階になると

膝関節の内側の骨に

骨棘(こつきょく)というトゲのような突起物ができたり、骨が変形したりします。

第三段階になると

また、関節をおおっている関節包(かんせつほう)と呼ばれる

繊維膜の内側に炎症が起こるため、

黄色味がかった粘り気のある液体が分泌され、

いわゆる「膝に水がたまった」状態になります。

第四段階になると

軟骨が無くなり

太ももの骨である大腿骨膝下の骨である脛骨

直接ぶつかってしまい、

激しい痛みに襲われます。

一般的な変形性膝関節症へのアプローチとは

  1. 薬物療法・・・痛みや炎症を抑える薬を飲んだり、湿布を貼ったりします
  2. 物理療法・・・赤外線や低周波などを用いて温め、血行を良くして痛みを和らげる
  3. 関節注射・・・関節内にヒアルロン酸を注射し、関節の動きを滑らかにし、軟骨を守る
  4. 運動療法・・・膝関節の周囲の筋肉を鍛え、痛みを軽減する

永田治療院の変形性膝関節症へのアプローチとは

まず骨盤の歪みを調整し、

正しい角度にし、身体軸を真っすぐにすることで

膝への負担を軽減していきます。

重度の変形性膝関節症の患者さんの

ほとんどはO脚になっています。

O脚になることで膝の内側の隙間が狭くなります。

そこから変形性膝関節症が始まるのです。

当院では根本の原因から改善していく施術をしています。

O脚を改善するには

太ももの骨である大腿骨と

膝から下にある脛骨によって

膝関節はできています。

骨盤が歪んで後屈すると

骨盤につながっている太ももの骨である大腿骨は

外方へ向きを変えていきます。

これがO脚になる原因であり、

膝関節の内側が狭くなる原因です。

そこで骨盤を正しい位置へ戻るように

腰椎周辺の筋肉を緩めていきます。

骨盤を正しい位置にするために

骨盤を正しい位置にするには

以下の筋肉を緩めないといけません

  1. 大腰筋
  2. 腸骨筋
  3. 腰方形筋
  4. 棘筋
  5. 最長筋
  6. 腸肋筋
  7. 中臀筋

古武術整体や鍼でアプローチしていくことで

これらの筋肉を容易に緩めることができます。

■ ホームページ限定特典

\今だけ!/ 通常初回価格 9,000円
4,500

ご予約の際に『ホームページを見た』とお伝えください。

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込で表記しております

変形性膝関節痛に関する関連記事

永田治療院

〒184-0004東京都小金井市本町1-9-8花好ビル4F