花粉症に耳鍼

花粉症は皮膚に症状が出たり、喘息の症状やノドの不快感が出る咽頭炎

などさまざまな症状があります。

風邪の時は「ネバネバした鼻水」が出ますが

花粉症では「水のようなサラサラした鼻水」となります。

これはカラダの状態が交感神経の方が優位になっているか

副交感神経の方が優位になっているかの違いです。

ネバネバした鼻水の時は交感神経が優位の状態

サラサラした鼻水の時は副交感神経が優位の状態にあります。

花粉症は副交感神経が過剰に働いている状態ということになります。

それを押さえるにはカラダの前面

特に首の前側を押すと効果的です。

特に耳たぶの前側は「目のかゆみ」に効果があります。

耳たぶは「シール鍼」を貼っておくと効果が持続するのでいいですね。

当院では「シール式の耳鍼」などを使った花粉症コースがございます。

通常のやわら療術に花粉症対策コースをプラスして受ける事ができます。

詳しくはお問合せください。

花粉症について詳しくはこちら

花粉症

この記事に関する関連記事