座ると股関節に痛みが出る

「座ると股関節に痛みが出る」

という患者さんが来院されました。

股関節をとりまく筋肉はたくさんあり

臀部の筋肉群、大腿部の伸筋群、屈筋群、内転筋群があります。

やわら療術は筋肉の体質別治療なので

その方の筋肉体質に合わせて施術をしていきます。

やわら療術の筋肉理論によると

大腿部の筋肉には回転する方向性があり、

それは筋肉体質によって異なります。

その患者さんの体質の方向に筋肉を捻じると

凝り固まった筋線維が「ほどけて」いくのが

分かります。

この患者さんは硬くなった大腿部の筋肉が

股関節の痛みの原因の一つだったので

それだけでも痛みが改善しましたが、

座った状態での腸骨のズレも原因だったようで、

仙骨と腸骨をつなぐ「仙腸関節」を調整することで

痛みはほとんどなくなりました。

1回の施術で痛みは軽減しますが、

最初の頃は元の状態に戻ろうとする力が強いので

筋肉が正しい状態を覚えるまで施術間隔を

あまり空けないように数回施術し

体に覚えこませることが大切になってきます。

股関節痛について詳しくはこちら

股関節痛