指先の痺れが続いている

指先の痺れが続いている

性別・年代

男性・50代

来院日

2020.2月

症状

整体のお仕事をされていて

最近ではパソコン作業も多いそうです。

以前から右手の痺れはあったようですが、

ここ1ヶ月くらいひどくなってきて、

肩甲骨の内側、菱形筋に痛みが出てきたようです。

施術内容

肩甲骨が前方に巻き込んでいました。

前側の肋骨も閉じており

とても猫背になっていました。

猫背になると頸椎は前方転移してしまい、

首の付け根の筋肉は強張って

神経を圧迫してしまいます。

それを解消するためは

瘂門、天柱、風池というツボに刺鍼しました。

首の付け根からアプローチすることで

手先の痺れは軽減しました。

2回目の施術の際に

雲門というツボにアプローチすることで

猫背も改善されていきました。

まとめ

主訴は「手先の痺れ」のため

手の神経の走行である頸椎・鎖骨周辺の緊張が

緩和されることで、症状はかなり改善しました。

しかし、根本の原因である姿勢の悪さ、猫背が原因で

首から出ている手の神経が圧迫されやすい状態が

以前より続いていました。

長く続く歪みや症状は1回2回では

根本的には解決しないため

現在も継続して施術を受けられています。