産後の坐骨神経痛

産後の坐骨神経痛

性別・年代

女性30代

来院日

2021.1月

症状

介護の仕事をされており、

利用者の方を介助するときに

腰やお尻、太ももの裏側に痛みがあるので来院されました。

整形外科にも行かれてレントゲン撮影をし

骨には異状ないということで湿布や痛み止めを

処方されただけなので

根本から改善を願い来院されました。

施術内容

お尻から太ももの裏側、ふくらはぎに掛けて坐骨神経があります。

その部分が痛いと「坐骨神経痛」と診断されますが

臀部の「梨状筋」が原因のが場合と

「腰部筋群」が原因の場合がありますが

今回は「腰部筋群」の緊張が原因のタイプでした。

座位の状態で診た時、腰椎が後湾しているのがハッキリと分かりました。

全体的に背骨も捻じれているため

全体調整をしてから、腰椎の角度を調整していきました。

全体の調整をするだけで腰椎の角度もかなり正常な位置まで

改善していくのが分かりました。

ただ、腰部筋群の緊張がひどかった為、

鍼で筋緊張を緩めていきました。

痛みの出る動作をチェックしながら微調整をして

1回の施術でかなり改善しました。

まとめ