ギックリ腰の種類

ギックリ腰(急性腰痛)とは突然腰に痛みが走る症状です。

筋肉や筋膜、もしくは腰椎の関節に炎症があることにより痛みを発症します。

症状の程度は様々で自力で動いたり出来る軽い程度のものから

まったく動けなくなるほど重度の場合もあります。

人間は日常、健康であることを中心に生活を送っているわけではありません。

小さなお子さんのいるお母さんでしたら、

育児もありますし、

炊事、洗濯、PTAの役員などなど・・・・・

自分のことは二の次で

家族の事を中心に生活を送っています。

そのため、知らず知らずのうちに体が歪んでしまいます。

体は歪んでも、すぐには痛みは出てきません。

歪みが酷くなると危険信号として痛みを発します。

痛みは体からの声なのです。

体の声は湿布を貼ったり痛み止めの薬を飲むことで

いったんは抑え込むことができますが

根本的な解決にはなりません。

根本的な解決策は軸と丹田が正しい位置にある健康体になるしかありません。

そして健康体は1つではなく、

筋肉体質別に8つ存在します。