腰痛 と 寝相

「先生、毎朝起きたてが腰が痛いんです。

しばらく動いていると、少し楽にはなるのですが・・・・。」

という患者さんがいらっしゃいます。

たいてい「寝相の良い」方が多いです。

子供はどうでしょうか。

子供はジッとしているのが苦手です。

電車に乗っていても静かにしてはいられず、

走ったりチョロチョロ動き回っています。

寝ている時でさえ、ゴロゴロ寝がえりをうって動いてますね。

寝相は悪いです。

寝相が悪い方が整体の視点からみると良い事なんです。

寝ている時、長時間あまり動かないと

筋肉は固くなりますし、

同じ姿勢でいるわけですから、

圧迫されている部分には余分な負荷が掛かります。

たまに、朝起きた時 腕を下にしていて

痺れて動かないことなど、一度は経験された事もあるのではないでしょうか。

これなどは寝返りが上手く出来なかったことからくる状態です。

寝起きになる腰痛もあまり動かない事から生じる症状です。

寝ている時に寝返りをうって動く事は

カラダの歪みを無意識下で調整する不随意運動であり

身体調整なのです。